TOP >> 職場体験 >> それいけ!職場体験|ペットStep
みんなの活躍を漫画で見る!

研修生の気持ち

職場体験は初めてですか?

 中学2年生の時にレンタルビデオのツタヤさんで体験したことがあります。その時に全然知らなかったことをたくさん経験できた喜びが大きくて、チャンスがあればもう一度研修したいと思っていました。今回で2回目の職場体験になったのですが、中学生の時には分からなかった仕事の喜びややりがいを実感できたので、また一歩成長できたのかなと思っています。

4日間体験してみてどうでした?

 最初は少し軽い気持ちでしたが、4日間一生懸命やってみて、働くことの大切さを深く実感しました。大人になればみんな仕事をするわけですが、自分の成長につながることですし、年を重ねてもずっとその成長は深まっていくのではないでしょうか。ですから自分の可能性に挑戦するつもりで仕事をしていきたいと思うようになりました。

「とにかくこれは頑張った!」と自分を褒めたくなることがあれば教えてください。

 挨拶は精一杯できたと思います。来店されたお客様が来てよかったと思ってくれることをイメージして頑張りました。こんにちは!と元気よく言ったらお客様がお辞儀してくれたのが嬉しかったですね♪あとは…一生懸命やることが大切だと思い、人から見られていなくても手を休めないよう、自分に対して厳しくできたと思います。

企業の気持ち

高校生を受け入れてよかったことは?

 確実にスタッフの成長につながったと思います!研修生からすると、新人スタッフでもベテランでも関係ありません。動きの一つひとつを真剣な眼差しで見られている緊張感と、質問に答えるために、今まであたり前にやっていた仕事を深く考えることができ、スタッフにとってとてもよい刺激になりました。

高校生へのメッセージ

 なによりも笑顔が大切。笑顔で働けば相手も笑顔で応えてくれます。知識や技術を覚えることも重要ですが、お客様を笑顔にするには、笑顔を出すのが一番。お客様からいただく『ありがとう』の言葉は嬉しいものです。苦労が多いほど身にしみるものです。接客業は華やかに思われがちですが、実際は地味なことも多く、その積み重ねの中に喜びがあるんです。

高校生を受け入れる企業としての課題

 今回は準備不足のため商品の陳列や清掃作業をしてもらうが多く、研修生には申し訳ない思いでした。生き物ともっと関わりたかった研修生もいたのではないでしょうか。専門的な仕事は衛生上の問題などもあり、できることが限られるんですね。とはいえ、もっと有意義な体験ができるよう、受け入れ企業として効果的なプログラムを作っていくことが今後の課題だと思います。