TOP >> The職場体験 >> 介護老人保健施設ヘルシーケアなはり

高知で体験できるインターンシッププログラム

  •  私が介護の仕事を目指すきっかけになったのは、中学校時代の老人ホームでの職場体験です。ご高齢者から「ありがとう」とやさしくお礼を言われた時の喜びが忘れられず、本格的に勉強するために、高校では総合学科の福祉デザイン系列に進みました。学校で現実的な問題を学ぶことも増え、ご高齢者を支える環境として、介護施設や職員が不足しているという深刻な問題を知りました。県内には就職先が少ないと聞かされていましたので意外な感じがしましたが、私はますます役に立ちたいという想いが強くなり、介護福祉士を目指し頑張っています。当面の目標はヘルパー2級取得です。

  •  今回の職場体験では、歩行補助や入浴、食事のお手伝いなどをさせていただきました。ご高齢の方にとって、飲食は生命に直結する動作です。食べ物を喉に詰まらせることがないよう、うまく飲み込めたかどうか、一生懸命に見守っていました。難しかったのは、ベッドから車椅子に移動するときのお手伝いです。最初は力まかせに介助しようとしましたが、まったくうまくいきません。
     利用者さんに声をかけ、呼吸を合わせることですっと楽に移動できた時は感動しました。それからはなんとなく気持ちが通い合った感じがして、自分から積極的に話しかけることができるようになりました。利用者さんの方からも、お孫さんのことや戦争の話をしてくれるようになって関係が深まり、今まで以上に頼られるようにもなった実感がありました。学校で教わる知識や技術だけでなく、相手を思いやる気持ちが元気をつくる!と気づけた体験でした。

  • 今回、初めて高校生の職場体験を受け入れました。私たちのこの介護職は、「大切な人を幸せにしたい」という想いが原点なのですが、日々の忙しさや繰り返しの作業に追われ、その原点を見失っているのではないか、と危機感を持ち始めていたことがきっかけです。研修生が利用者さんの目線にあわそうと腰を落とし、ゆっくりと丁寧な言葉づかいで一生懸命に話しかけている姿、会話しながら楽しそうに笑い合っている表情を見て、初心を思い出した職員は少なくなかったと思います。そのイキイキした様子は、利用者さんだけでなく私達にも良い刺激を与えてくれました。初心を思い出すきっかけになったと思います。

  • 介護施設では、新しい方との出会いの機会は限られますが、豊富な人生経験を持つ利用者の方やそのご家族、専門的な知識や技術のあるスペシャリストの方々と深く、緊密な関係を築くことができます。些細なことで衝突したり、自分の至らなさに思い悩んだりすることもたくさんありますが、時々利用者様から言ってもらえる「あなたに出会えてよかった」の一言に励まされています。生命にかかわる仕事ですので毎日が真剣勝負ですが、「ありがとう」に包まれる豊かな人間関係の中で、人間として大切な感謝の心を学び、成長できる。これが介護の仕事の大きな魅力ですね。