学生対談

企業担当者さんの熱いお話を聞いたらどの企業にも参加してみたくなって迷いました

  • —今年はどのような内容のインターンシップをしたのか教えてください。
    高波:当社のインターンシップでは、とにかく全力でプログラムに挑戦していくなかで、自身の成長や新しい課題に「気付く」ことをテーマにしました。具体的には、電話の応対から、家主さんへリフォームの提案など、日常では経験できない様々なことに挑戦してもらいました。
    山崎:当社の場合、学生にはプログラミングの実務からお客様との打ち合わせまで私と一緒に行動してもらいました。実際の仕事を経験することで、働くことをイメージしてもらえたと思います。
    西原:当社では、実務体験ではなく学生に自分を掘り下げて成長課題を発見してもらうといった内容の研修を行いました。
    坂井:想像力を高めてもらうことをテーマに、牧場主さんのところに行って考え方や実体験を聞いてもらったり、一緒に新商品の開発をしたりしました。私のところは、インターンシップ生が全員女性ということもあり、苦しいことを体験してもらうまでは踏みきれませんでした。後で学生から「もっと苦しいことも体験したかった」と言われてしまいました。

  • 高波:女性が多い時は担当も女性のほうがいいのかなとか、いろいろと考えますよね。当社もインターンシップ生が全員女性でしたが、男性が担当になった時にどう立ち振る舞うべきか、私もとても悩みました。でも、そこに担当者の成長があるように思います。
    坂井:そうですよね。
    高波:インターンシップって働きに来る場所ではないと思うんです。会社での体験を通じた勉強の一部。でも、それだけだと仕事の楽しさや大変さはどこから生まれるのか、ということに気付きづらいので、実務を通じてたくさんの体験をしてもらえるよう心掛けました。
    西原:あらかじめ学生に学んでもらいたいこととして、コミュニケーションを通じて客観的に自分を見ることを提案しました。インターンシップ生を見てみると、意欲の高い学生とそうでない学生とでは、目標にもだいぶ違いがあることが印象的でしたね。
    高波:教える立場になるというのはすごくいい経験でした。
    坂井:そうですね。私たちの方がモチベーションが高くなったりしますしね。
    高波:大変ですけどね。
    坂井:インターンシップ生には、考え方次第でどんなことでも楽しくなるし、辛くもなるよと実体験を持って、伝えることができたと思います。来年もまたチャレンジしたいですね。