学生対談

企業担当者さんの熱いお話を聞いたらどの企業にも参加してみたくなって迷いました

  • ―マッチングセミナーに参加しようと思ったきっかけや動機を教えてください。
    安並:学校でセミナーのチラシを見たのがきっかけです。インターンシップ先は自力で探し出して、交渉しないといけないと聞いていましたので、「え?こんなのがあるの?」と思って参加を決めました。
    益岡:私は県外の出身なのですが、ぜひ高知でインターンシップをしたいと思っていました。でも、高知の企業についてあまり知らなくて、漠然と不安をもっていました。そんなとき、学校のキャリア授業で講師の方から紹介されて「これだ!」と思い参加を決めました。
    前田:私の学校では、インターンシップの受け入れ実績のある企業リストが配られるのですが、社名だけ見ても正直言ってピンとこなくて…ですから、実際に担当の方とお会いして話を聞いてみたいなと思っていたこともあって、参加を決めました。

    ―企業のプレゼンテーションはいかがでしたか?
    前田:各企業のプレゼンテーションがどこも熱かったですね。それぞれの会社でどんなインターンシップができるのか、そのイメージも広がりましたが、それよりも「この人の話を聞いてみたい!」と思えたことが意外な感じでした。
    益岡:私もどこの話を聴こうか迷いましたね。パワーポイントや映像を使って、取り組みを具体的に紹介してくださる会社も多かったので、職場の雰囲気やユニークさがよく伝わってきました。マッチングセミナーに参加したことで、確実にインターンシップへの意欲が湧いてきました。

  • ―その後の企業ブースでの面談はいかがでしたか?
    前田:さすがに企業の方と対面してお話を聞くのは慣れていなくて、すっかり緊張してしまいましたが、担当の方が丁寧に私の質問に答えてくれたので、それだけでも漠然と持っていた不安を取り除くことができました。
    安並:自分の会社の説明だけでなく、私の希望に合いそうな他企業のことなども丁寧に教えてくれたので、とても嬉しかったですし、参考にもなりました。

    ―後輩へのメッセージはありますか?
    益岡:県外ではこういうセミナーは開かれていないようですし、高知でインターンシップをすることを考えている人は、絶対参加したほうがいいと思います。
    前田:学校の授業でもないので、ちょっと面倒くさいなと考える人もいると思います。実際に私が誘った友人も最初は「なんで~?」なんて言っていましたが、セミナーが終わったころには「参加してよかった、ありがとう」と言ってくれました。
    安並:実は僕もそっちのタイプでした(笑)。でも一歩踏み出してセミナーに参加してみて本当に良かったと思います。なんといってもインターンシップの受け入れ企業が一堂に集まってくれているわけですし、自分に合ったインターンシップ先を見つけるには最適だと思います。絶対にお勧めします。