たくさんの出逢い…
早く高知に戻りたくなった!!

 「あなたに〜会えて〜よ〜かった〜♪」スーツ姿のサラリーマン風の男性が突然歌いだしました!(え?これってインターンシップのセミナーでね???)それまで受け入れ企業の担当者の話を神妙に聞いていた私たちは大爆笑。私たちの緊張をほぐすためと言いつつ、和田アキ子さんのモノマネを始めたのです。それがリーブルの担当者、坂本さんとの出会いでした。会場を一瞬で笑いの渦に巻き込んだその姿が、「人を笑顔にする秘訣を探りたい!」いくつかの候補先で迷っていた今年のインターンシップにリーブルさんを選んだ大きな理由です。
 「ペコペコ頭を下げて、お願いして仕事をもらう…」そんな営業職へのイメージは、坂本さんの営業活動に同行してみてガラっと変わりました。「企業と企業」というより、あくまでも「人と人」。対等な人間関係の中で正直に自分をさらけ出して信頼を深め、絆を結ぶ。これが営業の仕事なんだと気付きました。印象に残っているのは、お客様の「この仕事は是非、リーブルさんにお願いしたいんです」という言葉です。営業というのは、こちらから売り込むものと思っていたのに、お客様からこんな風に言っていただけるなんて、「おぉ、凄い!」と思わず声が出てしまいました。日頃どんな仕事をしているのか、どんどん興味がわいてきて坂本さんを質問攻め。そして私の質問に一つひとつ丁寧に親身に答えてくれる坂本さん…「あぁ、これか!」この誠実さが信頼関係づくりの秘訣かもしれないと気付きました。
 来年の就職活動に向けて、私も信頼の絆をつくれる誠実な社会人になります。まずは自分に対しても正直に誠実に。一度きりの人生なんだから悔いのないよう、やりたいことに挑戦していきます。