TOP >> まなともについて >> 集計報告:学校アンケート

平成21年度の成果報告

高校生職場体験で学生に身につけてほしい能力は何ですか?

高校生職場体験実施の目的をお聞かせください

  • 様々な職業を知ることで「働く」ことが個々の人格確立のために役立つことや、その厳しさと楽しさを実体験によって深く学ばせ、就職意識、勤労観を喚起し、進路決定においての自己確認や目標設定をおこなう。(17校)
  • 専門的な知識・技術だけでなく、実社会における体験を通して職場における人間関係やビジネスマナーなどに対する理解を深め、進路選択に活かしていく。(5校)
  • コミュニケーション能力や協調性など社会的スキルの育成と課題の発見、多様な価値観で視野を広げる。(4校)
  • 地域の人々との出会いや交流を深め、地域を愛する力、勤労の尊さを学び、幅広い人間性を養う。(2校)
  • 時代の進展に対応できる職業教育の充実向上を図る。(2校)
  • 将来の夢とその実現に向けた道筋を理解する。その上で進路目標の達成に向けて必要なことを自覚し、より充実した学校生活を送れるようにする。(2校)
  • 現場を体験させることで「働くこと」に積極的に取り組む姿勢を養う。(2校)
  • 生徒が自分を知り、社会を知り、自分の将来のことを考えた高校の科目選択を行うため職業観を養う。
  • 学習の成果を発揮することと体験を通して意欲を育む。
  • 就職希望者企業と生徒とのミスマッチをなくす。

高校生職場体験参加後の学生意識と行動の変化は何ですか?

  • 現実を知り、働くことの意義、(大切さ、しんどさ、厳しさ、面白さ等)や進路を真剣に考えるようになり、学習意欲や生活態度(言葉遣い、時間厳守など職場で指導されたこと)が改善した。(11校)
  • 働くことの認識が生まれ(よい意味での自己イメージとのギャップ)、将来の職業、進路目標、科目選択について真剣に考えるようになった。「生きがい」や「その職業に就くために必要な条件や資質」をさらに追求する機会となった。(11校)
  • 卒業が近づくと進路先が決まり、ザワザワしてくる時期だが体験後は落ち着いて学習ができている。(2校)
  • 3年次11月に実施する生徒アンケートの中で例年約4割の生徒が1年次の職場体験が進路決定に役立ったと回答している。
  • 自分を評価されたことにより自己肯定観念が強くなった生徒が増えた。
  • 当校はもともと生活態度が良い生徒達が多いが、より積極性が増し、気が利くようになったと思う。
  • 社会人として求められる人間性を企業人から直接聞くことができることでその大切さを実感できている。
  • 参加後に生徒同士が共通の話題を持つことで、クラスの中での連帯感が生まれた。
  • 林業に対する意識が変化した。特に学校で行っている実習はかなり体力的に厳しいものであるが実際の現場では大型機械が導入され働く人の負担も比較的に軽いことを実感するようである。
  • 自分の適性を知るきっかけになる。
  • デュアルシステムで5日体験入社した生徒が一回り成長したように感じた。
  • 今はわからない。長い目で見ていく。

現状の学校体制の課題など

  • 体験の意義を受け入れ企業に理解してもらう努力をすることと合わせ、学校と企業との間をつなぐコーディネーターの必要性を感じている。
  • 本校では来年度からまず希望者、次年度に全員実施でインターンシップを導入したいと考えておりますが、校内で新しいことを始める際に反対の声も多くあがります。より具体的なプランでおおむね教職員が納得し生徒のために実行に移すためには企業の方々からも「インターンシップに来てほしい」というお声をいただくことが一番有効かと思います。企業側からの要望の声がある、という既成事実が多ければ多いほど生徒や教職員がただ「行きたい」「行かせたい」というより効き目がありますのでぜひご協力いただきたく思います。
  • 高知市内までインターンシップに出るには通うための費用がかかるので親類等が居ない場合に参加をあきらめる生徒もいます。何か手立てがあれば助かります。もっともそれを含めてインターンシップに行く手立てを生徒自身が探すべきかもしれませんが・・・。
  • 本来は数名が各企業で体験できるような姿勢を取りたいのですが、作業現場までの移動手段がなかったり現場に行くまでに時間がかかったりするため実現できていません(現在は大手事業所で一括の職場体験を実施)

受け入れ企業等への期待やメッセージ

【プログラム内容に関しての希望】

  • 受け入れ期間を1週間にしてより実際的な職場体験となるようお願いしたい。
  • 1クラスを数人のグループに分け、終日同一企業において指導を受けるインターンシッププログラム。
  • 8名程度のグループを週に1回(3〜4時間)3ヶ月〜10ヶ月間継続指導いただくインターンシッププログラム。
  • 企業様には大変ご迷惑をお掛けしているところです。お願いとしてはアルバイト的な扱いでなく仕事の大変さや楽しさ、言葉遣い、社会人としてのマナーなどを指導していただくとともに、進学先や資格取得など希望の職種に就くには今後どのようなことが必要なのかなども教えていただければと思います。
  • 知識や技術以外にも責任感や協調性などの必要性をしっかりと教えて欲しい。
  • 商品の取り扱いなどに関して、「なぜそうすべきか」というところまで指導していただきたい。
  • 企業技術が継承、発展している現場をより多く見せて欲しい。
  • できる限り実務への従事時間を設けて欲しい。
  • 人間関係のあり方、お客様、目上の人への対応など。
  • 企業の求める社会人像や働くことの厳しさを企業人の立場から教えていただきたい。
  • 責任感や働くことの意義を教えていただきたい。
  • 受け入れ人数の拡大をお願いしたい。

【その他の声】

  • とてもありがたく感じている。感謝している。
  • 大変だと思うが継続を願いたい。
  • 「生徒を育てる」という思いを共有して欲しい。
  • 地域が人を育てるという視点を持ち、広い心で生徒を育てていただきたい。
  • インターンシップと採用活動とは違う、ということを理解して欲しい。
  • お忙しい中協力してくださっていることに感謝あるのみです。生徒の健康、安全面への配慮をしていただきながら今後もよろしくお願いいたします。